2012年9月16日 白山・大白水谷

白山・大白水谷  メンバーK・M・他4名 
 
三連休と言う事で白馬・大雪渓からの縦走予定が天候が崩れると言う事で中止となり
沢仲間が白山・大白水谷を遡行すると聞き付けドタ参させてもらう事となった。
大白川ダムの泊地で合流し、早朝より遡行開始する。
白山の名瀑と聞いていたが、天気も
でテンションが上がり快適にゴーロを1時間程歩く。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ちがダレて来た頃に滝が次々と出て来て、楽しませてくれる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この25mの滝は右岸を登ったが、高度感があって30mロープがギリギリだった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結構フリーで登れる滝も出て来て、快適に高度を上げて行く。
水は始めは濁っており、温泉の成分が入っており美肌効果もあるらしい・・・
聞いた私は顔にバシャバシャと掛けて、美肌効果を期待するが・・・
天気も良くて、顔がやけそうだ(-_-;)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次に出てきた滝は白いペンキを流した様に白くて、初めて見る後景にビックリ!!
天気は最高で遠くには北アルプスの山並みや三方崩山も綺麗に見えた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩肌が白なってるが、水は透明になってるし、少し水を飲んでみたが温泉の味は殆どしなかった。
空の青さとコバルトブルーの滝壺と白い岩肌のコントラストが素晴らしかったのに感動。

ロープを出して、この滝を登ると後は日帰り山行なので
大倉山を目指して、詰め上げて登山道に出る事となった。
 
明るく開けたこの沢はスカっとしてて、登れる滝も多く
白い滝も見る事が出来て素晴らしかった。
 
ゆっくり沢泊して、御前峰へ詰め上げても良いが
水を飲めるかが問題ですが、まあ炊けば大丈夫かな?
と思われますが・・・

白山 境川 フカバラ谷 (2009年10月10.11日)

【報告者:U阪】
【メンバー:K藤・Y瀬・U阪】


  

(1日目)
ゴルジュ入り口までは濡れるのを避けて際どいヘツリの連続でした。
延べ2名ドボンした。
直登沢分岐のゴルジュ入口まで4時間ほど。
ゴルジュ入り口奥の5mは手が出せず左岸巻き。
大巻きで、25mも共に巻く。
草がツルツル滑る。泥がヌルヌル滑る。潅木がザックに引っかかる。
非常に体力消耗が激しい高巻きだった。
他に2回ほど高巻いたか。
パッと開けてゴルジュの切れ目に。
そこを泊地とする。1日目行動8時間ほど。


  

ゴルジュの入り口(左)とその奥の5m(右)

(2日目)
18m高巻き。
高巻いた後、間違えて右沢へ。
暫く登って間違いに気付き本流へ戻る。
2時間ほど、ロスしてしまった。
最後6メートル程の滝を巻いて詰に向かう
山頂付近は藪。稜線から更に大笠山まで藪が続く。
山頂まで約7時間ほど掛かった。
ココから下山が思ったより長かった。
最後はヘッテン点けての下山となりました。


  

2日目の最後の高巻き。一旦沢床に降りるが再度高巻き(左)源頭付近(右)