泳いで、泳いで、そして泳いで(小口川・静閑瀞)

Pocket

7月29日(土)、暑さを逃れて、南紀・小口川静閑瀞へ。

両岸は鬱蒼としたジャングルのような南紀特有の樹林帯。その間を薄緑色をした淵がとうとうと続きます。

静閑瀞は、黒蔵谷と並ぶ南紀のウォータークライミングのメッカと言えるでしょう。

 

岩の谷橋から入谷します。

入谷して、しばらくは河原歩き。

独特の節理を持った岩棚やナメが目を惹きます。

お待ちかねの淵が登場~♪

さっそく入水と行きます。

これから嫌という位、泳ぐことになります!

 

 

ふと、見上げると、左岸に50mくらいはありそうな滝が掛かります。

静閑瀞自体には滝というものは皆無なんですが、

枝沢から掛かる滝がインパクトを与えてくれます。

 

泳ぎながら撮影を試みてみました。

 

水中も撮影してみました!

お魚沢山泳いでいたのですが・・・・・写っていないようですね!!

 

 

長瀞かな?

ここは、ちょっと水勢あります。

 

 

前方に光輝くナメの階梯が見える頃、

右岸から掛かる滝が白煙上げて、夢幻ともつかぬ風景の中を進みます。

 

そうして、ナメや岩棚が続きます。

ここの岩肌はヌルヌルなので、ラバーソールはお勧めではないですね。

 

巨大プール出現!

 

 

ま~だ、まだ続くぅ~よー、ど~こまでも~♪

 

また、泳ぎながら撮影してみました。

今回は、水中メガネやゴーグル持って来て、水の中覗きながら

泳ぎを楽しみました。

 

車は一台しかないので、往路を引き返すことにしました。

その帰りに雷がド、ドーンと鳴り響き、夕立に降られます。

水面からは白煙立ってなかなか幻想的でした。

 

 

投稿者: シブ

2003年12月大阪わらじの会入会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。